オーストラリアイメージ

広大な大地が広がるオーストラリア。
世界遺産もあるダイナミックな大自然と動物たちとの触れ合いが楽しめます。
アジアに最も近い西洋の国、日本との時差も少ないので初心者でも安心です。
オーストラリアで定番のコアラ抱っこなど、のんびり派もアクティブ派も、ハネムーンにおすすめです♪

オーストラリアの魅力とは?

■概要
オーストラリアの国土は、日本の約21倍、
世界で1番大きな島であり、1番小さな大陸です。
四季を通して温暖な気候に恵まれているので、日本から訪れやすい国です。
四季は日本とは正反対になり、日本が夏の時はオーストラリアは冬、
日本が冬の時にはオーストラリアは夏になります。

世界有数の親日国でもあり、
フレンドリーに迎えてくれるのもオーストラリアの特徴です。


大自然や世界遺産巡り、コアラなどの動物との触れ合い、
サンゴ礁の海でマリンスポーツ、街でショッピングなど
観光客の希望に応える多民族・多文化国家です。


■オーストラリアの魅力 世界最大級の1枚岩【エアーズロック(ウルル)】
世界遺産にもなっている【エアーズロック】は有名なオーストラリアのシンボルの観光名所です。
アボリジニの聖地として崇められており、一生に一度は訪れたい世界有数のパワースポットとして有名です。
地殻変動と浸食によって6~7億年前に形成されたもと考えられ、
砂漠の真ん中に忽然と現れるその姿は世界の中心部「地球のヘソ」とも呼ばれています。

杭を打って鎖を張っている登山路から山頂まで登ることもできます。
【エアーズロック】の頂上に着くと疲れも吹き飛ぶほどの絶景パノラマが広がります。
岩肌は時間によって7色に変化し、天候や時期によっても異なる表情を見せる神秘的な姿は忘れられない景色になります。
広大な大自然の中で地球のすばらしさを感じ、二人の愛は深まり、一生思い出に残る新婚旅行になることでしょう!
ぜひ、世界の中心で大地の息吹と自然の偉大さを肌で感じてください!


【エアーズロック(Ayers Rock)】
正式名称(アボリジニ):ウルル(Uluru)。意味:偉大な石。
場所:オーストラリアのほぼ真ん中。
サイズ:周囲約9.4km、海抜867m(地上からの高さは348m)
登頂に要する時間:往復で約1時間半~2時間。
色:陽の当たり方で色が変わって見え、朝陽と夕陽による鮮やかな赤色は特に美しいです。
おすすめ:南半球の降るような満点の星空に感動します。

オーストラリアのシンボル【シドニー・オペラハウス】

甲羅型屋根の【オペラハウス】はシドニー湾に突き出すように建つ
オーストラリアのシンボルです。

ぶらぶら散歩を楽しみながら
オペラハウスを遠目に眺めるのもおすすめです♪
周辺には多くのカフェが有り、
オペラハウスやハーバーブリッジが一望でき、
巨大な大型客船が寄港してしていたり絵になる風景です。

シドニーのもうひとつのシンボルと言えばハーバー・ブリッジ。
橋のアーチ頂上を歩くブリッジクライムは
予約必須の人気アトラクションです!

頂上からの眺めは、シドニー湾を行きかうヨットやフェリー、オペラハウス、
シティのビル群が眺められる最高のビューポイントです。

アクティビティ王国【グレードバリアリーフ】

オーストラリアといえば世界遺産となっている
世界最大のサンゴ礁群
【グレートバリアリーフ (Great Barrier Reef)】。

エメラルドグリーンの海に浮かぶ宝石の様なサンゴ礁帯は、
自然の壮大さと神秘的な美しさに感動します!

また、グレートバリアリーフの島々は
ダイビングやシュノーケリングやウォータースポーツなど
40を超えるアクティビティの体験宝庫として
楽しめる観光スポットです♪


島々の中でもハミルトン島滞在者だけの特権
「2人で見ると愛が深まり幸せを呼ぶ」と
言い伝えのあるハート形のサンゴ礁"ハートリーフ"はハネムーナーにおすすめです。

動物王国【コアラ】

オーストラリアで可愛い動物たちとの触れ合いは、
外せない楽しみのひとつです。

人気NO.1のアイドル【コアラ】は、ぬいぐるみのようなかわいらしさ!
コアラを抱っこしての記念撮影は、
避けては通れない定番のようなものですよね。

※「コアラを抱っこ」ができる州は限られていますのでご注意ください。

他にも、
有名なカンガルーやずんぐりとした風貌がブサかわいいウォンバット、
案外かわいいタスマニアン・デビルやカモノハシなど

珍しく可愛い動物が多いため、
動物好きの方はオーストラリア滞在中にぜひ動物園に行ってみてください!

牛肉大国【オージービーフ】

オーストラリアは人口よりも牛の数が多い世界最大の牛肉輸出国です。
本場オーストラリアの【オージービーフ】は、鮮度も良く、
ボリューム満点で価格もリーズナブルです。
もちろん食べるなら、ステーキがおすすめです!
【オージービーフ】はさっぱりとした赤身の肉質なので、
女性でも案外ぺろりと食べられます。
パブやバーのメニューにもあるのがオーストラリアの特徴です!

オーストラリアのおなじみ【オージービーフ】料理はもちろん、
海の幸も新鮮でおいしいです。
世界中から移民が集まり、洗練されたオーストラリア料理を
オーストラリア滞在中にぜひ一度召し上がってください♪

基本情報

ベストシーズン

10~3月頃、エアーズロックは4~5月、8~10月。雨季:北部1~3月、シドニーは2~6月。ご旅行日数目安:6日間。
南半球にあるオーストラリアは赤道に近いため1年中温暖ですが、四季は日本とは正反対です。

オーストラリアで平均気温が一番低いのは6月7月、最も暑いのは南部では1月2月、北部では12月です。
夏の大陸中央部は40℃近くに上がります。

大陸の面積が広大で熱帯性から温帯性まで気候変化に富んでおり、場所によって気候風土が異なります。
年間を通して日差しや紫外線が強いので、サングラスや帽子、日焼け止めを持って行くことをおすすめします。

フライト時間 約7~10時間
時差 +1時間~-1時間
(シドニー・ケアンズ:+1時間、 ダーウィン・アデレート:+0.5時間)
ベストシーズン 10月~3月
電圧 220/240V(ボルト)
通貨 オーストラリアドル

新着ニュース

日本祭り

シドニーの日系コミュニティが集い
日本文化や日本食を楽しめるフェスティバル!
日本食屋台が並び、空手や剣道などのデモンストレーションなどが
行われ、5万人以上が集まる一大イベントです。

・日程:2018年12月08日
・場所:タンバロング・パーク
・入場料:無料

今ではすっかりシドニーの風物詩としてのコミュニティイベントにまで成長しました。

外部リンク ⇒  >> 日本祭り <<


オーストラリアのハロウィン

10月31日のオーストラリアは真夏のハロウィン。
学校などでは仮装してハロウィンパーティを開き、
家庭では、子供ならず大人も仮装や
ハロウィンのデコレーションをして楽しみます。

・日程:2018年10月31日
・おすすめイベント:シドニーゾンビウォークなど

シドニーでは色々なイベントが開催されます。

外部リンク ⇒  >> オーストラリアのハロウィン <<


レイバー・デー(Labour Day)

レイバー(Labour)は「労働者」の意味で
日本で言う「勤労感謝の日」になります。
歴史的背景からここぞとばかりにゆっくりします。
オーストラリアの祝日は、連邦政府が定める全国共通の祝日は限られています。
その他は各州の政府が独自に祝日を定めています。

・日程:2017年10月1日
・場所:首都特別地域、ニューサウスウェールズ州、南オーストラリア州

レイバー・デーは他の州にもありますが、3月12日など州によって異なります。

外部リンク ⇒  >> レイバー・デー(Labour Day) <<


バスティーユ祭

フランスの革命記念日(パリ祭)を祝うフェスティバル!
フードヴィレッジ、ワインバー、ビアガーデンなどエリアが4つに分かれ、
種類豊富なフランスフードからワインやシャンパンまで楽しめる。

・日程:2018年07月12日から07月15日
・場所:サーキュラーキーとロックス

ライブコンサートやストリートパフォーマンス、野外シネマ、
ライブアートなどが開催されます。

外部リンク ⇒  >> バスティーユ祭 <<


ゴールド・コースト・エアポート・マラソン

日本人に愛される海外マラソンのひとつ!
高低差8mと超フラットな海沿いのコースは平坦で走りやすく、
記録更新を目指す方にもお勧めのマラソン大会です!

・日程:2018年06月30日/07月01日
・場所:ゴールドコースト

7月の南半球は湿度も低く気温も10度から18度と爽やかな気候。
日本語ボランティアも多いので安心です。

外部リンク ⇒  >> ゴールド・コースト・エアポート・マラソン <<


現地での緊急医療

病院

オーストラリア滞在中に病気やケガ、体調を崩してしまって症状が重い時は、病院へ。
オーストラリアには日本人旅行者向けの緊急対応クリニックがあります。

一般的な経緯は、病気やケガをした場合は、
まず 一般開業医【GP=General Practitioner】で診察してもらい、
専門的な治療が必要と判断された場合、専門医(Specialist)を紹介してもらいます。
紹介状(Referral)を持って専門医を予約・受診するという仕組みになっています。

※一般開業医【GP】で診察・治療後、必要であれば処方箋を書いてもらい、
それを薬局に持っていって処方薬を買うのは日本と同じ仕組みです。
※最初から専門医へ行っても診察はしてもらえないのでご注意ください。
※オーストラリアで病院に行くためには事前予約が必要です。


一般開業医【GP】は、総合医として全診療科目をカバーし、症状によっては解決することが多い。
診察・治療・薬の処方のほか、血液検査などの健康診断をしてくれる。

クレジットカード付帯の保険なども適用されるので安心です。

【保険】日本の海外旅行保険はほぼ全て適用
【手続きに必要なもの】海外旅行保険証、パスポート、場合によりクレジットカード

        
        

●救急車
電話:000
※日本と異なり救急車の利用は有料です。
救急車

●タウンホール・クリニック日本語医療サービス【GP】
※日本語対応可能。予約制。日本人スタッフ・通訳常勤。
アクセス :シドニーの中心タウン・ホール駅から徒歩5分。
電話(日本語受付):1800-355-855 / (02)9299-4661
営業時間:8:00~20:00(無休)

外部リンク ⇒ >> タウンホール・クリニック日本語医療サービス <<

●ペック・シティ・クリニック【GP】
※日本語対応可能。予約制。日本人・通訳スタッフ常勤。
アクセス:タウンホール駅より徒歩3分。
電話(日本語受付):1800-836-415 / (02)8267-8300(8:00~22:00)
営業時間:月~金曜:10:00~18:00(土・日・祝日は休診)

外部リンク ⇒ >> ペック・シティ・クリニック <<

●ノースブリッジ・ファミリー・クリニック【GP】
※日本語対応可能。予約制。日本人医師(鳥居泰宏先生)が常勤。
アクセス:シドニーの中心から車で20分。東京マートがあるショッピングセンター付近。
電話:(02)9958-7460
営業時間:月~金曜:8:00~18:00、土曜:8:00~13:00(日・祝は休診)

外部リンク ⇒ >> ノースブリッジ・ファミリー・クリニック <<         

現地での市販薬の購入

薬

オーストラリア滞在中に体調を崩してしまったら、まずはホテルのフロントに相談し、
フロントにある救急用の薬で対処して様子をみましょう。
そして、病院に行くほどではないけど市販薬が欲しい場合は、下記のショップで購入できます。

風邪薬、鎮痛剤、胃薬、便秘薬、湿布、目薬、乗り物酔いなどの薬は
オーストラリアでも購入できますが、日本と比較すると効き目が強いものも多いので、
常用している薬は日本から持参するのがおすすめです。

有名な鎮痛剤は「パナドール(Panadol)」ですが、日本人には効果が強すぎてすぐに眠くなるそうです。
有名な風邪薬は「Codral Cold and Flu Day and Night Capsule」です。

        
        

薬局は街中に点在していますが、「ケミスト(Chemist)」の看板が目印です。

●プライスライン(priceline)
※オーストラリア中にチェーン店を持つドラッグストア。
アクセス :ワールドスクエア・ショッピングセンターの地下街
電話 : 02-9262-2566

外部リンク ⇒ >> プライスライン <<

●テリーホワイト薬局(Terry White Chemists)
※オーストラリア中にチェーン店を持つドラッグストア。
アクセス : ケアンズ市内 ケアンズショッピングセンター内2F。
電話 :07-4031-8855
営業時間:ショッピングセンターの営業時間に準ずる

外部リンク ⇒ >> テリーホワイト薬局 <<

●その他、ショッピングセンターやスーパーマーケット内に薬局があります。
※薬局の店頭に乳製品を使用して開発された自然派の製品(スキンケア製品、ハンドクリーム等)なども並んでいます。
※年間を通して虫除けや日焼け止めなどのクリームやスプレーを販売しているのも特徴です。         

パスポートの盗難・紛失

パスポート

すぐに警察で紛失や盗難の届出を提出し、その証明書類を持参して日本領事館にて再発行。
身分証明書の提示が必要です。再取得には原則として1週間を要します。
※事前対策としてパスポートのコピーを用意しておくと、再発行の手続きが早くなります。

【申請に必要なもの】
・現地警察発行の「盗難・紛失届証明書」等
・紛失一般旅券等届出書(館内にあります)
・旅券発給申請書(館内にあります)
・写真2枚 (縦4.5 cm x横3.5 cm)
・戸籍謄(抄)本 1通 (発行日から6ヶ月以内のもの)
・身元確認書類の提示 (日本の運転免許証、有効な米国ビザ、グリーンカード等)

        
                

●在オーストラリア日本国大使館
アクセス :シティバス乗り場から Route 2で、Deakinの次のバス停を下車し徒歩約10分
電話:02-6273-3244
受付窓口時間 : 月~金曜9:00~12:00/14:00~16:30(土・日・休館日を除く)

外部リンク ⇒ >> 在オーストラリア日本国大使館 <<
        

●在シドニー日本国総領事館
アクセス :ベント・ストリート(Bent St)を左折し、すぐのオコーネル・ストリート(O'Connell St)を右折。右手にあります。(徒歩約5分)
電話:02-9250-1000
受付窓口時間 : 月~金曜9:30~12:00/14:00~16:00(土・日・休館日を除く)

外部リンク ⇒ >> 在シドニー日本国総領事館 <<
        

事件・事故・盗難・紛失

■【事件・事故】
警察や救急隊が必要な場合は「000」をダイヤル。
※語学が不安であれば「Japanese please」と日本語対応してもらいましょう。

■【盗難・紛失】
「000」をダイヤルして警察に通報するか、最寄りの警察署に行き、
「紛失・盗難届受理証明書」を作成してもらいましょう。

①【財布の場合】銀行(トラベラーズチェック)に連絡し、すぐに止めてもらいます。
※海外旅行保険によっては24時間日本語対応のところもありますので連絡しておきましょう。

②【クレジットカードの場合】クレジットカード会社に電話をし、クレジットカードの停止。

③【航空券の場合】速やかに航空会社(あるいは旅行会社)に連絡をする。
※eチケットの場合は、空港のカウンターなどで再プリントできます。

予期せぬ事件発生からパニックにならずに、冷静になって何をすべきかしっかり考え、
なるべく早く緊急連絡先に連絡し、被害状況を伝えましょう。
そのためにも、緊急連絡先は事前に控えておくのがおすすめです。
周りに助けを求め、協力し、焦らず落ち着いて行動することが大切です。

        
        

●警察・救急車・消防車
電話(すべて):000
●警察紛失・盗難届(緊急以外)
電話:131-444
パトカー緊急

●主なカード会社緊急連絡先
・VISAカード紛失・盗難受付デスク:1-800-125-683(24時間・年中無休)
・JCB紛失盗難受付デスク(シドニー):1-800-194-555(24時間・年中無休)
・JCB紛失盗難受付デスク(ゴールドコースト):1-800-194-000(24時間・年中無休)
・MasterCardグローバルサービス:1800-120-113(24時間・年中無休)
・AmericanExpressグローバル・ホットライン:1800-553-155(24時間・年中無休)         

オーストラリアでの端末(携帯、Wi-Fi)レンタル・iPhoneアプリの活用

携帯電話

現地で携帯電話(iPhone、スマホ含む)をレンタルすれば、
いつでも連絡をとれる安心感が現地での行動範囲を広げ、
オーストラリアの滞在をより快適に過ごせます。

連絡の取り合い等に便利な携帯電話(iPhone、スマホ含む)レンタルや
気軽にインターネットにアクセスできるWi-Fiルーターレンタルサービスを利用すると、
オーストラリアにいてもメール・電話・SNSがいつも通り使えるので安心です。

・受取方法:自宅配送または空港。携帯電話がすぐに利用できます。
・返却方法:宅配または空港で返却。
・主なサービス:事前にレンタルできる電話番号の通知、日本語表示、日本語対応サービス、オーストラリア国内通話無料、パケットし放題
※レンタル端末(レンタル携帯、Wi-Fi)の受取・返却・サービス等は会社ごとにより異なります。

■プリペイド式携帯
オーストラリアではプリペイド式の携帯の利用率が多く、旅行者も利用しやすくなっています。

・プリペイド式携帯購入方法:パスポートがあれば簡単に購入することができます。
・メリット:毎月の基本料金や契約期間が定まっていないので、いつでも使用を止めることができます。
・デメリット:チャージをする手間があり、通話料が高めに設定されています。

■海外パケット
ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアによっては持っている端末(携帯、Wi-Fi)が
海外でも使える便利な「海外パケットプラン」があります。
このプランを利用すると持っている携帯(iPhone、スマホ含む)をそのまま海外で使うことができます。
日本にいるとき同様に自分の携帯でメールチェックをしたい、ブログにすぐアップしたい、
お店や観光地の情報をインターネットで検索したい方は「海外パケットし放題」がおすすめです。

・ドコモ「海外パケ・ホーダイ」
・au「海外ダブル定額」
・ソフトバンク「海外パケットし放題」

※注意事項など必ずショップで説明を受けて利用することをおすすめします。

■無料Wi-Fi
海外にも無料のWiFiスポットがたくさんあります。
有名な場所は、ショッピングセンター、図書館、空港など。
また、ファーストフード店やカフェなどでは、買い物をすると無料で
インターネットに接続できる環境が整えられていますので、
休憩しながらインターネットを利用しても良いでしょう。
ホテルなどでは、宿泊客にしか利用させないようにプロテクトをかけていることがあるので、
スタッフに問い合わせてパスワードを教えてもらいましょう。


ローミング
出典www.minimax-travel.com
        
  iPhone      

iPhoneは世界的に普及しており、街中でiPhoneを使っている人をよく見かけます。
【便利なiPhoneアプリ】をご紹介します。

●オーストラリアの時間や日本との時差を知りたい時は標準アプリ
「時計」(世界時計)

●日本との気温差やオーストラリアの天気予報を知りたい時は標準アプリ
「天気」

●ホテルについているアラームの使い方がわからない時は標準アプリ
「時計」(アラーム)

●地図でグルメや観光地をチェックしたい時は
標準アプリ「マップ」や「オーストラリア マップ」で検索して気に入ったアプリをダウンロード

●何を旅行準備したらいいのか知りたい時は
「海外旅行準備」で検索して気に入ったアプリをダウンロード

●英語が分からない、どうしよう・・・
標準機能の「Siri」や「音声翻訳」で検索して気に入ったアプリをダウンロード

●日本で買うよりいくらお得なのか分からない
「為替」で検索して気に入ったアプリをダウンロード

●チップ計算で困らない!旅行に行く前に入れておきたいアプリ!
「チップ計算」で検索して気に入ったアプリをダウンロード

まだまだ使える便利なアプリはたくさんあると思います。
見つけたアプリを入れて、どんどん便利なiPhoneにしていきましょう♪         


現地発オーストラリア情報サイト「オーストラリアNOW!」

1998年より運営を開始し、日本語で発信し続けている最古のオーストラリア情報サイト。

・全面リニューアルし、完全モバイル対応に。
・写真ギャラリーは、指先でのスワイプにも対応(完全モバイル・フレンドリー)

大きな画像や色分けを使い、見やすく、利用しやすくなっています。

外部リンク ⇒ >> オーストラリアNOW! <<


お役立ち情報  -お土産編-

オーストラリアお土産


  もっと詳しく知りたい

オーストラリアお土産

お役立ち情報  -結婚報告編-

結婚しましたハガキ

結婚しましたハガキ

  もっと詳しく知りたい

結婚しましたハガキ

お役立ち情報  -アフターブーケ加工編-

アフターブーケ

アフターブーケ

  もっと詳しく知りたい

アフターブーケ